谺俳句


作品


「貫禄」 (町 田) 山本一歩

薄氷と水のあはひの定かには 
北窓を開いてみても山ばかり 
末黒野であり物事の始まりは 
春泥のこちらに一人残さるる 
鴬餅の数ほど人の集まらず  
山の際までが畑や雉子鳴く  
椿こぼれ落ちて雀となりにけり
捨畑でありけり蕨摘みゐるも 
力を抜けば紫雲英田に沈みゆく
小暗さが寺の貫禄涅槃変   


「実南天」 (横 浜)  有馬五浪

眼の奥に届いてをりし初日かな 
たつぷりと初日をあびて車椅子 
元旦の干支の土鈴を買ひにけり 
粒々に日の当たりたる実南天  
真夜中に起きしんしんと寒に入る
大福を半分に切る二日かな   
大寒や手を洗ひ手の火照りゐて 
なつかしき唄口づさむ師走かな 
塩辛と酒買ひ足して年用意   
元旦や旅の計画たてもして   

秀嶺集(抄)



「茎の石」 (福 山) 宮澤千恵子

参道の落葉きれいに掃かれあり 
挽臼の名残の穴や茎の石    
それぞれに指定席あり日向ぼこ 
控へ目に満開となる枇杷の花  
樽に顔入れて大根漬けにけり  
数へ日の殊に増えたる捜し物  
極月の一と日私の一と日とす  

「雑木林」 (横 浜) 渡辺時子

枯るる中慈母観音に日の差して 
穢れなき空でありけり晦日富士 
枯芦の間を手漕ぎの舟すべる  
煤逃げの寄席の幟に触れてをり 
ペン持ちしままの居眠り年つまる
波音のをりをり高し花アロエ  
さはさはと雑木林の枯れてをり 

「足跡」 (横 浜) 大関 洋

山茶花の日に咲き月に零るるか   
掛大根遠富士へ日の落ちてゆき   
蓮根掘の足裏蓮田知りつくし    
ひねもすを灯してゐたる冬の雨   
落葉踏むところどころの音変はり  
音高き庭師の鋏冬至なる      
積む雪に足跡のありそこが道    

「切干」 (伊 東) 高尾峯人

枯蓮となりても風に責めらるる   
過ぎて知る稚魚忌や湯ざめおびただし
風連れて山の闇来る薬喰      
枯野から枯野に着きし渡しかな   
枯芭蕉山影重くのしかかり     
切干を広げ日向を広げけり     
漁火のひしめき合うて年の暮    

山巓集


「年忘れ」 (平塚) 根岸文夫

力抜くことも知恵なり年送る   
年忘れこれより老いを捨てに行く 
燗酒を酌みて晩年とぞ思ふ    
凍つる日や男出で来るマンホール 
ぬくぬくと怠け心の炬燵かな    
祝ぎ事を早や書き込みし初暦    
息白しゴリラも膝を抱きにけり   

「行先ボタン」 (横 浜) 梅津大八

セーターを脱がされてゐる日和かな 
着膨れて返事の少し遅れたる    
年忘自慢話で終りけり       
枝切つて空広くする年用意     
ボーナスを貰ひ勤めを終りとす   
最上階へ行先ボタンクリスマス   
銭湯の煙突高し冬日和       

「裸木」 (横 浜) 大関 司

絡み合ふ影を落として枯木立    
凩が船のマストを枯らしけり    
密談のごとく火鉢を囲みけり    
握り拳を外套のポケットに     
麓まで富士の見ゆる日蒲団干す   
寒柝の一打に星の瞬きぬ      
寛いでをり日溜りの裸木は     

「神頼み」 (町 田) 山本一葉

冬ざれの顔を鏡に見せにゆく    
着ぶくれて神頼みなどしてをりぬ  
本棚を片づけをれば隙間風     
待たせたる人のをりたる冬日ざし  
握りたる傘に雪積む重さかな    
日向ぼこしてをり眼鏡外しをり   
手袋にあるゆびきりのあとの指   

谺集(抄)


(伊 東) 高尾峯人

笹鳴の声と金鍬打つ音と      
峠まで行き着かぬうちまた時雨   
納屋に入る用事の増ゆる年の暮   
木の枝に電球咲かせ飾売      
声大き和尚が混り年忘       
浜焚火藻屑放りてしづめけり    
老松の根方で日向ぼこりかな    

(福 山) 榊原素女

冬ざれの地蔵の帽子正しけり    
引き売りの魚が跳ねたるしぐれかな 
しぐるるや出船の汽笛尾を引いて  
湧くやうに用事のふえる寒さかな  
年用意厨の水のあら使ひ      
しばらくは母の隣りに日向ぼこ   

(横 浜) 大関 洋

枇杷の花もう夕暮の来てをりぬ   
これはこれはと短日の立話     
己には見えぬ背中や枯野行く    
毛布ごと眠る赤子を渡さるる    
焚火せる青空少し汚しては     
船笛が尾を引きメリークリスマス  

(町 田) 山本一葉

飲みこまれさうな枯野を歩きけり  
着ぶくれてスーパーマーケットの前に
冬ざれのポストの赤の目立ちたる  
冬座敷まだすこしある畳の香    
手袋にこの手を覚えさせてをる   
あやつられたる落葉にも箒にも   

(横 浜) 星野輝子

花の香かすか柊のありどころ    
校庭の見ゆる北窓塞ぎたる     
抱き起こす枯菊に香のたちにけり  
冬囲終へて任地へ戻りけり     
白菜の断面まこと美しき      
米屋来て魚屋来たる年の暮     




トップページへ
トップ
次のページへ
次へ