清韻集……山本一歩選


2023・02


年忘れこれより老いを捨てに行く  根岸文夫
ボーナスを貰ひ勤めを終りとす   梅津大八
寛いでをり日溜りの裸木は     大関 司
日向ぼこしてをり眼鏡外しをり   山本一葉
廃業の茶屋の軒下榾つまれ     鈴木安子
ふたりには大きすぎたる掘炬燵   表 成枝
一陽来復仏壇を掃除して      家田あつ子
落ちさうな岩を抱きて山眠る    小林比奈子
柿落葉梯子を滑り落ちにけり    纉c道子
       *
浜焚火藻屑放りてしづめけり      高尾峯人
引き売りの魚が跳ねたるしぐれかな   榊原素女
焚火せる青空少し汚しては       大関 洋
手袋にこの手を覚えさせてをる     山本一葉
抱き起こす枯菊に香のたちにけり    星野輝子
犬の耳の欠けたる寒さかな      長坂眞佐子
聖樹たるメタセコイアの伐らるると   表 成枝
狼のほろびしと言ふ居ると言ふ     渡辺時子
物売りの声が声消す師走かな      秋山光子
裏返しに着てをる夫のジャケツかな   堀江野茉莉
猫の居た所に坐り日向ぼこ       吉清和代
青竹の柄杓や寒の御神水        根岸文夫
クリスマス小さな家の小さな灯     関田独鈷

2023・01



新米の「夢ごこち」とか「富富富」とか  渡辺時子
振り向けば妻のをらざる酉の市       大関 洋
蓮根を二人がかりで洗ひけり        高尾峯人
雨音の止まず生姜湯吹いてをり       島かづえ
木守柿売地の札の古びゐて        宮澤千恵子
     *          
座布団を替へて勤労感謝の日        梅津大八
夫立ちし後に草の実零れあり        小林比奈子
神鈴の無垢なる響き七五三         根岸文夫
紅葉散りゆく手鏡の中にまで       山本一葉
とつくりのセーター顔が通過中      表 成枝
十本の足の離るる大縄飛         大関 司
時計の針正して冬の立つ日かな     家田あつ子
走り根の小さき窪みに冬菫        鈴木安子
色変へぬ松を愚直と言ふべきか      木島くにを
       *
月光の醸してゐたるましら酒       大関 洋
朴落葉ころがりながら壊るるよ      秋山光子
対岸の河豚屋の幟立ちにけり       星野輝子
とろろ擂る一人に多すぎるけれど     渡辺時子
松手入しばらく空を仰いでから      榊原素女
夕焚火残して一人づつ去りぬ       山本一葉
姫椿年相応といふ仕草          根岸文夫
秋惜しむ薪割る音も加はりて       高尾峯人
小さき小さき蕎麦屋の水車けらつつき   田辺厚正
風が風呼ぶマフラーの長さかな      家田あつ子
浮寝鳥みなが居るからここにゐる     吉清和代
作らるるほどに哀しき作り菊       藤寺 禅
蝋梅は人知れず人思ふ花         鈴木安子
かばかりの橋にも名前初時雨       関田独鈷

2022・12



湧いてきし霧も掃くなり山の寺     高尾峯人
読経のところどころの添水かな     大関 洋
生返事してをり栗を剥いてをり     榊原素女
秋の灯や徒然草の一行目        渡辺時子
十月の十日や靴を新調す        島かづえ
     *         
霧の中に降り立ち霧を歩きだす     山本一葉
踏ん張つてをり高稲架の上に人     大関 司
黄落や馬のくつさめ厩舎より      根岸文夫
案山子立てナップサックを掛けてやる  梅津大八
霧の中ゆく水音がついて来る      家田あつ子
束の間の夕日を留め稲架襖       小林比奈子
杣道の暗きに浮きて月夜茸       木関偕楽
秋の夜の奏者待ちたる百の椅子     関田独鈷
蓑虫を下げて伐採予定の樹       山本みよ子
菊枕ひと日の疲れあづけたり      鈴木安子
ちちろ鳴く羽釜の飯の白きこと     保田 柾
赤い羽根回覧板として廻す       纉c道子
     *
二人なら腕四本桑括る         大関 洋
掃き寄せてなほ嵩の無きこぼれ萩    星野輝子
冷まじや傾ぐ田伏に石噛ませ      高尾峯人
露の野の馬柵の奥へと続きけり     渡辺時子
冬来たる使用禁止のベンチにも     山本一葉
暮れてなほ木の実の落つる音しきり   大関 司
栃の実が落ちますの札官庁街      木関偕楽
寒いとか寒くないとか旅支度      秋山光子
朝寒やなかなか点かぬ仏の火      小林比奈子
風音を人声と聴く秋野かな       吉清和代
しばらくは舌に馴染ますにがうるか   堀江野茉莉
福祉課へ行く昇降機鳥渡る       仁上廣子

2022・11


人声が人の形に霧の中          大関 洋
撒かれたるやうに矮鶏ゐる秋彼岸    高尾峯人
おはぐろの迷ひ込みたる通し土間    浮田雁人
近道をゆく草虱ついてくる        榊原素女
     *        
さはやかに植樹の寄付を言はれたる   家田あつ子
さつきまで鳴きたるちちろ現るる    大関 司
白塗りを落せば知人村芝居       鈴木安子
早池峰を向きて稲架組む遠野郷     木関偕楽
また遊ぶ約束牛膝剥がし        山本一葉
もういない人ほど恋し虫の秋      根岸文夫
雲の影の通り過ぎゆく芒原       藤原 繁
地についてしまひさうなる糸瓜かな   表 成枝
目覚しはかけずにおくや菊枕      木島くにを
活けてなほ野にあるごとく吾亦紅    保田 柾
名月を載せ電柱の直立す        梅津大八
茸汁どの山もはや暮れにけり      小林比奈子
     *
草の絮飛びたる中に径ありぬ      高尾峯人
補聴器に囁いてゐる秋の声       小林比奈子
縁側から訪ふや糸瓜に触れもして    大関 洋
仏壇を柿の次郎が明るくす       吉清和代
目薬をさして朝顔数へにゆく      山本一葉
白き炎のごとくに揺れて蒲の絮     家田あつ子
虫売りは口笛吹いて来たりけり     藤寺 禅
われの名に元気の元や秋高し      鈴木元一郎
山々のくつきり見ゆる案山子かな    渡辺時子
停車場に学校の椅子秋うらら      表 成枝
珈琲の鉢に弁慶草の花         星野輝子
窓開けて眠るしあはせ草雲雀      藤原 繁
鶏頭を脇役として仏花とす       黒田ゆきゑ
トンネルを出づやすなはち涼新た    榊原素女

2022・10


ふるへゐる水饅頭を出されけり    高尾峯人
ためらふや西日の席の一つあれど  大関 洋
水色のベンチ触れれば灼けてをり  榊原素女
雲ひとつ残し立ち去る盆の僧    浮田雁人
     *       
休みゐる蜻蛉の翅にある重さ    大関 司
夫ありし頃のぬくもり茸飯     鈴木安子
朝顔の鉢を抱へてはぐれけり    山本一葉
にはとりが木の枝にゐる野分あと  梅津大八
草々の滝の勢ひに揺れやまず    黒田ゆきゑ
豊作の苦瓜誰も欲しがらず     小林比奈子
これ以上は皮の領域西瓜食ぶ    藤原 繁
九人の孫のをりたる星祭      家田あつ子
暮れてゆく湖のしづけさ鳥渡る   仁上廣子
夏座敷座卓の他に何もなし     纉c道子
懸崖菊の後ろ寂しくはないか    関田独鈷
     *
竹ほどに松は騒がず初嵐      高尾峯人
秋まつり終へし社へ磴のぼる    渡辺時子
校庭の白線まつすぐに灼くる    山本一葉
波しぶき浴びをり夏を惜しみをり  榊原素女
一雨に涼新たなり光堂       藤寺 禅
水を打つ柄杓にいまだ木の匂ひ   大関 洋
重さうな鞄を持ちて案山子立つ   星野輝子
首振つて反対さるる扇風機     小林比奈子
校庭の大樹の下へ帰省かな     纉c道子
窓の月最終バスに間に合うて    大関 司
踝にまとひつくなり虫の闇     仁上廣子
夜更しの我に付き合うてゐる金魚  長坂眞佐子
眠るためだけの本置く夜長かな   秋山光子

2022・09


波音の遠のいてゆく籠枕       大関 洋
鐘撞けば庫裡の風鈴応へけり     榊原素女
また傘をさして朝顔市の端      高尾峯人
講堂に積み上げられし円座かな    浮田雁人
     *        
改札を出ればいきなり砂日傘     梅津大八
風鐸の堪へねばならぬ夕立かな    家田あつ子
手も足も奮ひ立たせて炎天へ     大関 司
見ゆるもの眩しプールから顔出せば  山本一葉
魚屋の売り切れ御免半夏生      纉c道子
紫蘇畑の刈り終へてなほ香を放ち   木関偕楽
折畳傘を開けば蚊遣の香       藤原 繁
おいそれと言はじ鷺草の在り処    保田 柾
六合目歩荷を先に行かせけり     木島くにを
対岸の灯りまばらに星涼し      小林比奈子
蘭鋳の正面の顔おかしくて      仁上 廣子
     *
足首にからまつてをり流れ昆布    堀江野茉莉
簗を守る銜へ煙草の翁かな      浮田雁人
神輿舁く波に呑まれぬために舁く   高尾峯人
浮人形盥に雀来てをりぬ       星野輝子
冷房が効いて地球儀よくまはる    山本一葉
遠泳のしんがりの赤帽子かな     大関 洋
夕立をゆつくり歩く反抗期      秋山光子
水打ちしばかりの宿に迎へられ    渡辺時子
おはやうと言つてしまつて昼寝覚   鈴木安子
三伏の鍋に素麺浮き上がる      根岸文夫
髪切つて少し涼しくなる鏡      小林比奈子
濯ぎもの干すに大きな麦藁帽     長坂眞佐子
働かねばならぬ手足やあつぱつぱ   榊原素女

2022・08



万緑に吊橋といふ出入口         高尾峯人
遠目には一本の棒滝立てる        大関 洋
玉葱のせめぎ合ふごと吊るさるる     宮澤千恵子
三つ折りに畳む便箋風薫る        榊原素女
     *          
木洩れ日に飾られてゐる白日傘      家田あつ子
石段の二段目にゐる蚯蚓かな       梅津大八
またひとつ年を取りたる扇風機      大関 司
一色で足りる山並み遠郭公        小林比奈子
鉄分が足りぬ籐椅子へと沈み       山本一葉
月下美人膾となるも美しく        黒田ゆきゑ
咲き誇ることなく落つる夏椿       鈴木安子
誇らしき田植ゑ汚れのふくらはぎ     纉c道子
投釣の竿が弧をかく夏の雲        根岸文夫
渡し場の名残りの杭や青蘆原       木関偕楽
     *
泥鰌鍋遊ぶ話のすぐ決まり        大関 洋
飾られて納屋出る祭馬として       堀江野茉莉
足裏はなんと無防備大昼寝        山本一葉
水音は草の中なる草清水         高尾峯人
天井の染みの動きて蜘蛛となり      星野 輝子
海抜の二メートルとや夕立来る      渡辺時子
薔薇香りをりレコードに針落とし     榊原素女
約束のホテルのロビー花氷        長坂眞佐子
ではそろそろと言ひし蚊遣火消えたれば  藤原 繁
一通りメニューながめて氷水       家田あつ子
生麦は気安き町よ穴子飯         保田 柾
梅雨寒や土曜のポスト開けてみる     佐々木 充
蛍は淋しき心知りて寄る         藤寺 禅
ぎしぎしと廊下鳴きたる五月闇      大関 司
弔問の西日の坂を登りたる        纉c 道子

2022・07


滝音は濡れてゐる音濡れにけり      高尾峯人
吊橋を夏うぐひすの揺らしをり        大関 洋
船頭の訛豊かに川開き          堀江野茉莉
長老に出自問はるる泥鰌汁        渡辺時子
       *        
トラックの荷台が舞台労働祭       表 成枝
手拭を首の守りに麦を刈る        梅津大八
われ退るひきがへる近づいて来る     山本一葉
おしなべて古びてをりしメーデー歌    藤原 繁
初夏の櫂に遅るる水しぶき        関田独鈷
湖の如き散居の代田かな         木関偕楽
大股に作務僧過ぐる青葉雨        小林比奈子
山法師比叡晴れゐて湖西雨        木島くにを
参道の途中に橋や苔の花          黒田ゆきゑ
シャッターを潜りががんぼ吾に寄る    香川 公子
       *
火の欲しき堂の八十八夜かな       高尾峯人
旅支度終へたるあとの金魚玉       山本一葉
座せば椅子軋む卯の花腐しかな      榊原素女
戸締りは不要の村や風薫る        梅津大八
青葉風電動自転車に試乗         星野輝子
つばくらめ学習塾の軒へ入る       宮澤千恵子
歩きつづけて陽炎の中らしき       大関 洋
更衣古稀を迎へし力瘤          大関 司
教室が軽くなりたる更衣         表 成枝
星空へ呟く如く泉湧く          長坂眞佐子
ドレス脱ぐやうに牡丹の散りにけり    小林比奈子
じろじろと見るなといふに羽抜鶏     吉清和代

2022・06


かたまりが一匹ずつになり子猫     大関 洋
花冷の鋸屑に海老眠らせて       高尾峯人
恰好の雨なり春を惜しむには      渡辺時子
アコーディオン奏者にさくら吹雪かな  榊原素女
     *         
風吹いて巣箱の声の届きけり      大関 司
水草生ふ一気に渡る丸木橋       纉c道子
古寺に適ひて小さき花御堂       小林比奈子
代田から代田に雲の流れ行く      梅津大八
揚雲雀旅のはじめの荷は軽し      家田あつ子
抓まるるままに仔猫のぶらさがる    山本一葉
春愁やギターも共に老いゆくか     藤原 繁
春耕やをりをり鍬を光らせて      鈴木安子
亀鳴くやわれに失せたる力瘤      根岸文夫
春陰や魚板打ちても応へ無し      瓜生澄子
旅半ばなる落葉松の芽吹きかな     黒田ゆきゑ
     *         
げんげんの線路またぎて続きけり    高尾峯人
貰ひたる名前に子猫馴染まざる     大関 洋
啓蟄のエスカレーター止まつてをり   山本一葉
花びらを掬ひて放る遊びかな      渡辺時子
一生に別れはいくつ鳥雲に       吉清和代
霾や自転車も乗る渡し船        星野輝子
筍を置きたる石の濡れてをり      宮澤千恵子
花ふぶきをり石段の途中なり      堀江野茉莉
切株の凹みに咲けり花菫        黒田ゆきゑ
思ふほど鳴らぬ神鈴花の冷       榊原素女
茎立つや手櫛にて足る髪の嵩      小林比奈子

2022・05


神木は仰ぎて拝す百千鳥     高尾峯人
恙一つ寸余の雛飾りたる     島かづえ
目をつけしところへ戻る植木市  大関 洋
数多なる残り鴨とは言へぬほど  宮澤千恵
       *      
孵化までの確かな絆蝌蚪の紐   我妻幸男
真直ぐな川真直ぐにつばくらめ  梅津大八
白鷺のやうやく一歩水温む    仁上廣子
鷹鳩と化して太つてしまひけり  山本一葉
春の日や吊り上げられてゆくピ  関田独鈷
この頃を僧に話して彼岸寺    家田あつ子
啓蟄や誰も通らぬ非常口     大関 司
どか雪の卒業式となりにけり   佐々木 充
雪吊りを解きたる松の男振り   根岸文夫
      *
巣箱の口の大ならず小ならず     大関 洋
咳払ひをよそほひ咳をこぼしけり   田辺厚正
啓蟄やこの先工事中につき      藤原 繁
百千鳥結界に入り乱れたる      高尾峯人
花冷や城址に残る井戸二つ      小林比奈子
朝焼けの雲のひとひら牧開き     堀江野茉莉
つちふるやタンカー島へ隠れたる   榊原素女
一頭の走れば続き厩出し       関田独鈷
抜け道はいつも泥濘納税期      木島くにを
石鹸玉隣の庭にとどまれり      我妻幸男
花疲れ畳に我を放り出し       山本一葉
初蝶のよろこび運ぶやうに来る    宮澤千恵子
川舟の棹にもつるる糸柳       浮田雁人
人は土筆を土筆は空を見てゐたる   吉清和代
教会は丸太づくりや囀れる      鈴木安子

2022・04


雑巾の絞られしまま凍りけり     高尾峯人
少し待てもう少し待て冬木に芽    大関 洋
蝋梅の火灯窓より香りけり      浮田雁人
    *         
たんぽぽの咲いて金属研究所     家田あつ子
ワイン買ふバレンタインの日の夜の  山本一葉
玄関に遺品の杖や冴え返る      藤原 繁
手押井に注ぐ呼び水蕗の薹      小林比奈子
笑ふほかなきほどに着ぶくれてをり  榊原素女
源流のひびきのこもる巣箱かな    仁上廣子
大試験羊の声の聞こえくる      纉c道子
調律の打鍵一音冴返る        関田独鈷
捨て雪の山堆き雨水かな       佐々木 充
かたぶきて電車の曲がる木の芽晴   梅津大八
    *
障子に穴あれば覗かれ薬喰      高尾峯人
野面積だけの城跡大辛夷       我妻幸男
あたたかやカフェと船具屋並びゐて  宮澤千恵子
聞き返す度に広がる余寒かな     佐々木 充
春ショールおさへたる手を逃れゆく  鈴木安子
五六歩のまだ春泥を抜けきれず    大関 洋
薄氷をつついて魚を目覚めさす    小林比奈子
二ン月や背筋伸ばせよ凛とせよ    根岸文夫
ピアノ庫にピアノ三台冴返る     関田独鈷
梅を見て梅見茶屋見て通りけり    山本一葉
腰かがめ盆梅の香をいただかむ    堀江野茉莉
頬刺しに一連といふ縁あり      吉清和代
茜なる遅日の富士を窓に置く     大関 司
三門の閂てらす春の月        浮田雁人

2022・03


波作り波を鎮めて紙を漉く      高尾峯人
雪道に足跡一歩一歩捨て       大関 洋
積もりゐる雪の間に隣家の灯     堀江野茉莉
虎落笛万年筆を置きたれば      渡辺時子
    *         
左義長の少し傾ぎてでき上がる    表 成枝
ロッキングチェアー軋みて山眠る   家田あつ子
花瓶にも寒九の水を入れにけり    梅津大八
芽吹かんと光ためゐし猫柳      根岸文夫
狛犬に頭巾かぶせし如く雪      藤原 繁
雪少し降つてどんどの火の盛る    大関 司
竜の玉老いねば見えぬもののあり   関田独鈷
快速の止まらぬ駅に雪が降る     山本一葉
松過ぎの鏡台にある薄埃       小林比奈子
実直にちぢみてゐたる干大根     榊原素女
敷松葉もて飛石を囲みゐる      纉c道子
    *         
竹林へ足跡雪女郎かもしれぬ     大関 洋
銭湯の湯舟で御慶申しけり      高尾峯人
粕汁に一味の朱を流しけり      保田  柾
榾足され帰りそびれてしまひたる   榊原素女
まつ先にとんどの火の粉かぶりけり  表 成枝
雪落ちて又静寂の林かな       黒田ゆきゑ
湯豆腐や四角四面の夫の文字     鈴木安子
古卒塔婆を震はせてゐる雪女郎    藤原 繁
今年などわからぬ万華鏡くるり    堀江野茉莉
初詣神と神様との違ひ        我妻幸男
細魚干す風の機嫌に任せゐて     宮澤千恵子
早春や間引若布のもう出たか     佐々木 充
差し向かひゐてそれぞれの炬燵かな  吉清和代
香煙を膝に戴き初大師        星野輝子
餅搗や石屋の父の石の臼       木関偕楽
雪吊の雪を待ちたる縄の張り     関田独鈷
野仏の傾ぎし頭巾雪催        田辺厚正
雪晴やまだ干してある柔道着     仁上廣子


2022・02



焚火して煙から火になるところ    大関 洋
林中に別の静けさ冬泉        高尾峯人
冬至なり昨日と違ふ寒さなり     堀江野茉莉
    *         
干柿や峡の日ざしにあやされて    榊原素女
燃え終はる頃のだんまり夕焚火    山本一葉
軒下の掛大根をくぐり出づ      纉c道子
雪掻のスコップ少し休ませむ     梅津大八
夕暮がもう来てをりぬ白障子     家田あつ子
ストーブを離れぬ教師追試験     大関 司
花舗の灯が歩道を濡らす年の暮    仁上廣子
揚げ船の底の疵痕寒波来る      根岸文夫
滾る湯に差水をして年惜しむ     小林比奈子
    *
梵鐘の乳の欠けたる寒さかな     浮田雁人
雪催かれひ鮃が空を見て       高尾峯人
暦売りに蕎麦屋の出前届きけり    星野輝子
水よりも月光に濡れ浮寝鳥      大関 洋
夕日のみ乗せてバス去る師走かな   小林比奈子
鳥の影風の影ある白障子       渡辺時子
人をらぬ寒さ人ゐるありがたさ    堀江野茉莉
ステッキを拒む強さよ土凍つる    保田 柾
誕生の男児あらあら大晦日      家田あつ子
帽子から兎を出して年忘       長坂眞佐子
風花や湖に日の出を待ちをれば    黒田ゆきゑ
ふはふはのタオル揃へて年用意    大関 司
手のひらを見せ合うてゐる焚火かな  山本一葉

2022・01


熊手から落葉一枚づつ剥がす    大関 洋
初時雨ポストは小さき庇持ち    高尾峯人
山茶花のきのふにけふを散り重ね  宮澤千恵子
今日もまた飯炊く勤労感謝の日   渡辺時子
     *         
水に映して雪吊の出来上る     梅津大八
艫綱の結び目緩ぶ小春かな     大関 司
捕はれの如し黒松菰巻かれ     根岸文夫
鞭くれる如くに鵙の鳴きをりぬ   藤原 繁
アロエ咲くいずれ子供へ託す庭   仁上廣子
無患子と渡され無下に捨てられず  小林比奈子
冷まじや満場一致といふ会議    関田独鈷
回診の刻なり拾ふ木の葉髪     榊原素女
白鳥のこゑに応ふる声のなし    家田あつ子
龍淵にひそみ停電まだ続く     山本一葉
     *   
目の前の秋蝶風に攫はるる     小林比奈子
干物屋は猫が護りぬ小六月     高尾 峯人
綿虫の掴めさうなり掴まざる    大関  洋
子供山車譲る話や神の留守     堀江野茉莉
外套を着て外套をあたたむる    山本 一葉
さんま売る店や通りへせり出して  我妻 幸男
木枯の橋を最終走者過ぐ      根岸 文夫
誰もをらぬ奥の座敷や虎落笛    瓜生 澄子
小春日や賽銭箱の横に猫      藤原  繁
落葉踏む私の音犬の音       長坂眞佐子
人を待つ銀杏黄葉の照る下に    宮澤千恵子
鍬を打つ人のむかうの夕焼かな   田辺 厚正
銀杏落葉くるぶし隠すほどまでに  表  成枝
病室のしづけさにゐて蜜柑剥く   榊原 素女

2021・12



夜長なる正調山中節に酌み      堀江野茉莉
踏切の鳴りゐる釣瓶落しかな     大関 洋
秋惜しむ霧深ければ霧を見て     高尾峯人
望の夜の明る過ぎたる厠かな     宮澤千恵子
     *
鐘撞いて山の音聴く秋の暮      小林比奈子
天の川つくづく畑広かりし      梅津大八
ただ拾ふだけの団栗ではありし    榊原素女
秋ともし文を書く手に影生まれ    大関 司
うそ寒の丸く撫でたる膝頭      家田あつ子
田をうろうろ猪かしら猪だ      表 成枝
秋空へ研師ひかりの刃を返す     根岸文夫
行く秋や登りし峰の数々よ      佐々木 充
閉園の鐘無患子のそこここに     仁上廣子
風やんでより白萩のこぼれだす    我妻幸男
待たさるる人となりたる秋日傘    山本一葉
姉は姉らしく振る舞ひ花芙蓉     小泉さあや
     *   
飛ぶ力もうなくなりぬ草の絮     大関 洋
赤い羽根すぐに失くしてしまひけり  根岸文夫
新酒の酔ひ湯宿の硬きマットレス   堀江野茉莉
鮎落とし尽くして山の晴れ渡る    高尾峯人
栗剥きし指を労はる仕舞風呂     小林比奈子
桐一葉老いて見えたるもののあり   関田独鈷
擂鉢の音をさらひてとろろ汁     瓜生澄子
あんぱん吊られ運動会は午後の部へ  大関 司
朝顔のいろ明け方の空のいろ     山本一葉
晩秋の帰るに惜しき浜辺かな     榊原素女
アナウンスのいきなり高し運動会   渡辺時子
逝く時は霧降る夜にひつそりと    鈴木元一郎
秋うらら櫓音静かに舟出づる     鈴木安子

2021・11


いなびかり田伏の中を照らしけり    高尾峯人
ロッキングチェアーに揺るる夜長かな  大関 洋
これよりは我の夜長や水仕終へ     宮澤千恵子
己が脚を抜きあぐねたる蓮根掘     浮田雁人
        *           
敵味方作らず生きて穴まどひ      小林比奈子
山門のはだか電球そぞろ寒       榊原 素女
バスが来るのんびりと来る稲の花    山本 一葉
うらおもて見せて一葉はつくばひへ   家田あつ子
温もりの残る案山子を抜きにけり    大関  司
躓きて無事なる二百十日かな      表  成枝
手拭のまだ首にある捨案山子      梅津 大八
冬瓜ののつぺらぼうを抱きにけり    根岸 文夫
飛蝗飛ぶその時草のざわめきて     藤原  繁
新蕎麦の出始めの頃深大寺       仁上 廣子
       *   
ゆつたりと鐘の音渡る豊の秋      高尾 峯人
牛鳴いて朝霧動き出しにけり      小林比奈子
白萩に触れねば通り抜けられぬ     宮澤千恵子
一つ灯を使ふ二人の夜長かな      大関  洋
美しき筆文字秋の澄めりけり      家田あつ子
震災忌すなはち富田木歩の忌      藤原  繁
手に触れて手より冷たき曼珠沙華    大関  司
バンダナをきりり今年の案山子とす   保田  柾
名月を見て耳遠き者同士        表  成枝
裏山のその裏山へ茸狩         鈴木 安子
遠嶺晴れ風に応へて吾亦紅       渡辺 時子
鉦叩はて戸締りはした筈の       山本みよ子
秋の虫聞く九十歳の耳確か       鈴木元一郎
台風の目の中にゐて歯科治療      梅津 大八

2021・10


捨て網を栖となしてちちろ鳴く     高尾峯人
蚊帳吊の釘跡しるき客間かな      浮田雁人
引く波の晩夏の砂を置き去りに     渡辺時子
梵鐘の音透きとほる野分あと      宮澤千恵子
       *      
干物屋の土間に七輪鰯焼く       根岸文夫
苧殻火の崩れつつまた燃え上がる    大関 司
涼新たなり百磴を上り切り       榊原素女
秋の虹消えさう消えてしまひけり    山本一葉
晩酌に付き合へと言ふ生身魂      梅津大八
棒切れと思ひきや蛇動き出す      表 成枝
断はれず見にゆく烏瓜の花       我妻幸男
朝顔の咲きし休業中の店        藤原 繁
吊革の触れ合ふ音も秋はじめ      仁上廣子
       *
鰻食ふ柱隠しに太穂の句        堀江野茉莉
使はねば言葉の錆びて夏の果      大関 洋
うしろから蜩の鳴き納竿す       高尾峯人
掃き寄する人なき庭のこぼれ萩     鈴木安子
なぜ咲かぬ藍の朝顔植ゑたのに     渡辺時子
竹藪を揺らしてゐたる蝉しぐれ     榊原素女
風鈴の百あり百の音色あり       宮澤千恵子
水筒に昨日の紅茶夏了る        吉清和代
隣人は壮年ひとり藪からし       仁上廣子
卒寿にて今も柑橘系コロン       鈴木元一郎
医者が皆年下でありちんちろりん    小泉さあや
暑さのみ言うて言葉を忘れけり     小林比奈子
かなかなや山家を守る太柱       家田あつ子
裏通りに質屋の戸口秋旱        藤原 繁

2021・09


田水沸く火の見櫓に人昇り     高尾峯人  
我が村の尽くるところへ虫送り   宮澤千恵子
いつからか西日の席になつてをり  大関 洋
       *      
物置かぬ涼しき部屋に通さるる   小林比奈子
湯治場を借りて早苗饗始まれり   梅津大八
鰐口の音のくぐもる暑さかな    榊原素女
風吹いて木立の零す滝の音     大関 司
草毟る平常心の戻るまで      佐々木 充
揚羽蝶とべり訃報のつづき来る   仁上廣子
あぢさゐを巡る即ち寺巡る     表 成枝
手で扱き曲り胡瓜は勾玉に     我妻幸男
わが手足動かして見る熱帯夜    根岸文夫
いさかひのもとを忘れて心太    山本一葉
       *
をりをりに山の雨来る夏祓     高尾峯人
帰省子の先づ自転車を磨きけり   我妻幸男
片蔭を拾ひ拾ひてつひに無し    大関 洋
田草引く備前備中国境       浮田雁人
驟雨過の土の香草の香の著き    渡辺時子
空青きままに暮れゆく茄子の花   小林比奈子
紫陽花のさかりの道を細く通る   山本一葉
大暑なり行き先違ふバスが来て   仁上廣子
萩青し漢が上る男坂        宮澤千恵子
祭髪結へば勝気の面差しに     鈴木安子
校庭ににはとり残し夏休み     大関 司
初蝉に耳鳴りはたと止みにけり   長坂眞佐子
色合ひの褪せて形見の夏帽子    堀江野茉莉
下町が好き日被の店並び      家田あつ子

2021・08



ほろ苦き酒よ水鶏の鳴くことよ   堀江野茉莉
足跡を残して植田より上がる    大関 洋
島消えて島の灯ともる端居かな   高尾峯人
一島を包みて香る花蜜柑      宮澤千恵子
       *      
手水舎の杓あをあをとして涼し   根岸文夫
枇杷の種弾むひいふうみい止まる  家田あつ子
見つめれば風鈴の鳴りはじめたる  山本一葉
雨上がるらし蛍を見に行かな    榊原素女
追ひ追はれ子らは裸が大好きで   櫻井登美
噴水の頭をたたく通り雨      大関 司
たつぷりと水の衣を着し植田    我妻幸男
片陰に張り付いてバス待ちにけり  梅津大八
バス停の列の西日をさけがたく   香川公子
武士の矜持の如し鉄線花      木関偕楽
レタス剥ぐおやぴかぴかの雨蛙   表 成枝
       *      
くちなはを棒ともどもに流しけり  瓜生澄子
かの栗が成ると思へぬ栗の花    宮澤千恵子
茶畑の上の卯波のくづれけり    高尾峯人
母逝きて十三年の螢かな      大関 洋
紫陽花の青と小さな本屋かな    山本一葉
全身がすべて神経なる目高     我妻幸男
うなだれた風鈴とゐる雨宿り    小泉さあや
思ひ出を秘めたる蛍袋かな     小林比奈子
雨蛙落とさぬやうに木戸を押す   纉c道子
庖丁を研ぐ主なり桶に穴子     内田文子
滝音に急かされて滝落ちにけり   家田あつ子
紫陽花のたしか昨日はあつたはず  藤原 繁
荒神の幣あたらしき土間涼し    渡辺時子
ベランダに布団干す家夕立来るに  櫻井登美
閉校の雨に濡れたる七変化     佐々木 充
下闇といふ人間の中へ入る     吉清和代

2021・07


まとめられ余り苗とは知らぬ苗   高尾峯人
足音の軽くなりたる更衣      大関 洋
たんぽぽの絮吹くすこし息余し   宮澤千恵子
      *      
髪束ねたるメーデーの漢かな    榊原素女
纜が岸を引きゐる立夏かな     大関 司
若楓の影さす窓を全開す      小林比奈子
なみなみと空の溢るる泉かな    山本一葉
青田道ぽつんとバスの停留所    梅津大八
洋館の窓にゼラニュームの真つ赤  家田あつ子
触角のやうなほつれや麦藁帽    藤原 繁
梅雨入待つ好みの傘を買うて待つ  表 成枝
夕焼や海から富士の起ち上がる   関田独鈷
      *      
山映しはちきれさうな代田かな   高尾峯人
鵜の喉を戻り来し鮎かもしれず   梅津大八
宙吊りに自転車売られ街薄暑    宮澤千恵子
給食の静かな時間雲の峰      仁上廣子
独り言聞いてくれたる金魚かな   大関 洋
草刈女昼餉は寺の縁借りて     渡辺時子
十薬を咲かせいつもの暮らしかな  榊原素女
花の丘昨日柩の行きし道      鈴木元一郎
田植機の水をたわませ走りけり   浮田雁人
登り行く先に薔薇園ばら香る    小泉さあや
千枚田へ田掻の水の行き渡る    星野輝子
取れるまで待てぬ瘡蓋子供の日   我妻幸男
紫陽花の重み受けとめつつ剪りぬ  山本一葉
揚羽舞ふ墓石平家紋であれ     境川 渡
きらきらのおしやべり五十雀の朝  堀江野茉莉
天水桶に水満々と夏に入る     小林比奈子

2021・06



方丈に書見の間あり花の雨     高尾峯人
綿菓子の萎んでゐたる花ぐもり   大関 洋
紫雲英田をパンタグラフの影走る  浮田雁人
      *      
春ふかし置かれしやうに駅に人   山本一葉
小岩井に明治のサイロ揚雲雀    木関偕楽
残る鴨池の主のごとくゐる     小泉さあや
魔法瓶よりの珈琲海のどか     榊原素女
子猫らが箱の形に箱の中      大関 司
巣立鳥雨後の日差しの中を翔つ   仁上廣子
状差しに一時納めて種袋      家田あつ子
酒柱の立つてをりたる花見かな   藤原 繁
囀や初々しきも雄々しきも     田辺厚正
もう跳べぬ谷戸の小流れ花菜風   根岸文夫
手に残る陶土の乾く遅日かな    小林比奈子
鏡見て子猫に自我の如きもの    我妻幸男
      *      
畔川に入つてゆきし花筏      高尾峯人
一本の葉桜そよぐ皆そよぐ     宮澤千恵子
花筏堰あることをまだ知らず    大関 洋
朧夜や前ゆく人のいつしか消え   山本一葉
いつ暮るるともなく暮るる桜かな  小林比奈子
総持寺の渡殿を花滑るかな     堀江野茉莉
扇骨を干せり傍に種下し      仁上廣子
抜け道の空に山藤揺れてをり    小泉さあや
杉の木はすべて直幹卒業期     我妻幸男
波あらば波と戯れ葦の角      関田独鈷
春愁や拭き斑のある窓ガラス    大関 司
段畑に夕日あまねし葱坊主     榊原素女

2021・05



うしろから鐘の音来る遅日かな    高尾峯人
秘蔵酒と姉妹と花の蓆かな      堀江野茉莉
上り簗組まれて水のいきいきと    大関 洋
花こぶし記憶のままの橋渡る      渡辺時子
       *       
冴返る神木にある雷の傷       家田あつ子
撫でてほしさうに塀より枝垂梅    藤原 繁
鷹鳩と化して蟄居を通したる     榊原素女
地下道から赤き風船現るる      大関 司
夕東風や蛸壺を積み漁師老ゆ     仁上廣子
うららかや羊と散歩してをりぬ    表 成枝
介護受くふくよかな手よ春は遅々   櫻井登美
禅堂は塵を許さじ木の芽時      根岸文夫
草萌やグリコの三歩進みたる     太田敏子
改正の時刻表貼りうららけし     纉c道子
解け比べしてゐるやうに残る雪    佐々木 充
地下足袋の出店もありて植木市    木島くにを
       *       
のれそれを飲んで胃の腑の中おぼろ  高尾峯人
遮断機の花菜の中へ降りにけり    宮澤千恵子
岬馬の肌つややかや草萌ゆる     黒田ゆきゑ
春の波力を抜いて返りけり      家田あつ子
夜の朧聞き覚えある声のして     小泉さあや
青空と用水池と鶯と         表 成枝
行つてきますただいま庭に桃の花   内田文子
卒業式に出ざるを以て卒業す     藤原 繁
使はれぬままの水門鳥雲に      堀江野茉莉
採取日と地名書きある種袋      渡辺時子
春落葉死よりも死後の怖ろしき    鈴木元一郎
囀や広場に楽器禁止札        星野輝子
考へのまとまりて蟇歩きだす     瓜生澄子
並びたる無人のバスや春愁      関田独鈷
ものの芽のほつほつ山のけぶりけり  小林比奈子
廃れ行く市日の息吹種物屋      櫻井登美

2021・04


早梅は水かげろふの立つところ    高尾峯人
春寒や形見の時計腕に余り      高島かづえ
鉄鉢に雪降る良寛像の黙       浮田雁人
       *       
江ノ島に交番一つうかれ猫      根岸文夫
見えて尚山の遥けし凧        家田あつ子
豆打つて逃げて豆打つてまた逃げて  山本一葉
囀りに眠る乳母車の双子       榊原素女
少女らが挑む木登り草青む      太田敏子
引き波の岩場渡りて石?掻く     木関偕楽
汚れたる雪を隠して春の雪      大関 司
出不精を座学というて春炬燵     梅津大八
春雨や木の香のしるき新校舎     佐々木 充
鍋焼をふうふう電話鳴つてをり    田辺厚正
       *       
これほどに眠れる不思議朝寝して   小泉さあや
ひとところ田打の済まぬ田のありぬ  宮澤千恵子
春泥のあれどこの道しかあらず    大関 洋
冴返る焚いてけぶれる磯菜屑     高尾峯人
潦の薄氷を踏み歩き出す       小林比奈子
しづかさや天満宮に春の雨      家田あつ子
もの焚く煙春耕の田へなびく     星野輝子
大試験済みたるざはめきでありぬ   山本一葉
鮟鱇の肝ねんごろに取り出され    渡辺時子
助詞といふ馭し難きもの朧月     長坂眞佐子
松毟鳥駆込み寺に門あらず      仁上廣子
昨夜の雨纏ひし蕗の薹を摘む     大関 司
日脚伸ぶ杖突き明日を探すなり    鈴木元一郎
かげろふや橋を渡れば新市街     木島くにを
寒鯉の澱のごとくに沈みけり     浮田雁人

2021・03



湯豆腐に敷かるる昆布を食うべけり   高尾峯人
新調の箒四日の庭を掃き        高島かづえ
大き羽収めて鶴の凍てにけり      大関 洋
早梅の枝にかけたる四ツ目鍬      浮田雁人
      *        
凍裂の音に打たれて家路急く      木関偕楽
ビニールハウスの内と外なる御慶かな  梅津大八
歴戦の札でありたり歌かるた      藤原 繁
さう云へば女正月なり紅をさす     榊原素女
七草を洗ふ指先より目覚む       小林比奈子
茶がうまし茶菓子がうまし春立てる   山本一葉
千両を足して落ち着く花瓶かな     表 成枝
星二つ濁点として冬の月        太田敏子
芥火をちろちろ焚いて四日かな     纉c道子
雪折の生々しさの杉木立        櫻井登美
凍蝶のつつと歩きて留まりけり     関田独鈷
必勝と書かれし達磨どんど焼      大関 司
重箱を棚に収めて寒の入        家田あつ子
      *
雪女郎通りてつらら落しけり      高尾峯人
鋸の目立てをかねし日向ぼこ      我妻幸男
大根を洗ひし濁り流れゆく       大関 洋
薄氷に朝日が少し差してをり      根岸文夫
巻くとなく巻くマフラーの尾が遊ぶ   家田あつ子
拭きあげて迎ふる今朝や初鏡      島かづえ
農協の野菜売場に黄水仙        木島くにを
うつし世に戻つて来たり事務始     藤原 繁
覚えたての「あ」の一文字筆始     纉c道子
咳の児の口許塞ぐこと覚え       櫻井登美
波が波追ひかけ春の遠からじ      榊原素女
生き延びてさらに生き抜く七日粥    木関偕楽
白鳥はばたく重さうに軽さうに     山本一葉
馬をなだめて馬術部の騎馬始      浮田雁人
咳き込んでやたら目立つてしまひけり  小泉さあや

2021・02


釣宿の汐の匂ひの隙間風       高尾峯人
浜小春干されてゐたる烏賊を買ふ   宮澤千恵子
一徹が高じ切つたるかまど猫     吉田善一
子の忌修す冬の苺をはなやかに    堀江野茉莉
吊橋の通行禁止山眠る        大関 洋
         *       
一枚を脱いで雪掻き続けをり     梅津大八
焼芋屋の過ぎて夕星輝きぬ      小林比奈子
分校のチャイム冬田の向かうから   大関 司
寒柝の橋渡らずに戻り来る      仁上廣子
大根の輪切り転がる追ひかける    榊原素女
鉢受けに日々の塵あるシクラメン   家田あつ子
銀杏落葉踏みたし踏んでゆくことに  表 成枝
一羽浮き番となりぬかいつぶり    関田独鈷
おほらかに松の枝張る淑気かな    根岸文夫
勝独楽と言へども止まるほかはなし  山本一葉
ぼろ市のはずみで動く鳩時計     木島くにを
?梅に癒され夜勤明けにけり     木関偕楽
         *
冬ざるる誰も来さうにないポスト   山本一葉
山眠り神体らしくなりにけり     我妻幸男
冬滝の上の夕日を仰ぎけり      根岸文夫
酒飲まぬ男このわた啜りをり     大関 洋
小流れを跳んで師走に入りけり    高尾峯人
大いなる日向に芝の枯るるなり    榊原素女
枯芒風のさそひに靡かざる      瓜生澄子
落葉焚く死後の長さを想ひつつ    鈴木元一郎
餅を搗く音に終りの見え来たる    小林比奈子
膝掛を払ひ席立つ牡蠣割女      浮田雁人
老婆役の女優沢庵ばりばり噛む    星野輝子
みたらひの水透き通る寒さかな    渡辺時子
母にある律動毛糸編むときの     家田あつ子

2021・01


火伏札で障子の穴を塞ぎけり      高尾峯人
一声なれども笹鳴に違ひなし      大関 洋
あらためて無職なりけり布団干す    吉田善一
農具小屋をがんじがらめに蔦紅葉    宮澤千恵子
       *        
落葉踏む追ひ越してゆく人もまた    小泉さあや
初冬の体育館の広さかな        山本一葉
拾はれたくて降つてくる木の実かな   榊原素女
温泉に地獄極楽神の留守        藤原 繁
トロ箱も焼べられてゐる焚火かな    大関 司
新しき厩に護符や小春凪        根岸文夫
無為徒食されど勤労感謝の日      木島くにを
竹馬の沓脱ぎ石に戻り来る       纉c道子
柿たわわなりわが背丈ほどの木に    表 成枝
凩や人を待たせし停留所        佐々木 充
初雪の山朝刊の一面に         櫻井登美
落葉踏む音聞きたくて歩きけり     小林比奈子
小春日や些事のいくつか片付けて    関田独鈷
       *
神木に繋ぐ配線酉の市         我妻幸男
凩や京終といふ駅に降り        長坂眞佐子
しやぶしやぶの灰汁取る勤労感謝の日  藤原 繁
色変へぬ松や天守を背景に       根岸文夫
降りさうで降らぬ空より鵙の声     小林比奈子
二つ三つ吐息のやうに返り花      大関 洋
天井の傾いてくる風邪心地       山本一葉
猫が畦飛び越え枯れの始まりぬ     高尾峯人
石庭の整ひ過ぎてゐて寒し       榊原素女
さてこれは虹色包装紙の歳暮      堀江野茉莉
おでん煮るありのすさびの身過ぎかな  鈴木安子
ひと隔つ門構へなり枇杷の花      仁上廣子
紅葉映えたり杉木立ありてこそ     宮澤千恵子
凩にさらはれさうな児を連れて     瓜生澄子
前菜に添ふ豆柿の一小枝        木関偕楽
石蕗咲いて参道は日の道となる     山本みよ子
寒林をぬけたる光掌へ         境川 渡
着ぶくれて整形外科の受付に      木島くにを

2020・12


秋が行く家々の灯の色違へ      島かづえ   
自然薯とわかる筵を抱へ来し    高尾峯人    
みづうみに収まりきれぬ鰯雲    大関 洋    
篁の奥も篁秋の声         宮澤千恵子   
実ざくろや追福といふ里帰り    堀江野茉莉   
         *
流木の白く乾けり雁渡し      根岸文夫    
重さうな白菜やはり重かりし    山本一葉    
竹の春地蔵も年をとられけり    榊原素女    
団栗と影を机の上に置く      大関 司    
活けられて風を忘るる花芒     小林比奈子   
新米をおおいなる手が結びたる   小泉さあや   
かりがねや長縄跳びは続きをり   佐々木 充   
桐一葉夕暮はもう足下に      関田独鈷    
子に絵本読んで貰うて秋惜しむ   表 成枝    
何食はぬ顔で茸山下りけり     木島くにを   
門柱に足を預けて松手入れ     纉c道子    
草の葉を掻き抱きたる飛蝗かな   藤原 繁    
睡らねば明日とはならずそぞろ寒  仁上廣子    
         *
発掘の如く自然薯掘りにけり    我妻幸男    
花野ゆく一人三人そして一人    大関 洋    
空井戸をとり囲みたる曼珠沙華   高尾峯人    
赤とんぼ石のほてりに止まりたる  山本一葉    
萩刈りて隣家が近くなりにけり   宮澤千恵子   
サイロから晴れて来るなり牧の霧  渡辺時子    
初鴨に会ふや数へて六羽ほど    島かづえ   
松茸を採りたる後の物語      関田独鈷    
とりとめもなく零れたる零余子かな 榊原素女    
紅葉且つ散る風音のはたと止み   家田あつ子   
紅葉且つ散りてをりたる丸の内   藤原 繁    



2020・11


案山子組む銜へ煙草の灰こぼし    高尾峯人
病棟を抜けて行きたる赤蜻蛉     島かづえ
SLの今日は走る日豊の秋      大関 洋
果樹園の外なり石榴裂けてをり    吉田善一
白萩に神官の袖触れてゆき      宮澤千恵子
      *       
痛さうなほどにくれなゐ曼珠沙華   山本一葉
吊橋の影を濡らして水澄めり     太田敏子
束の間の山影見ゆる霧の中      小林比奈子
山国のもう暮れてゐる赤とんぼ    榊原素女
種なしの葡萄に種の出て来る     梅津大八
秋うらら心にもある痩せ太り     櫻井登美
曼珠沙華川を左へ曲げにけり     大関 司
行水の名残の下駄をはきにけり    纉c道子
ばつたんこ止めて庭師の帰りけり   木島くにを
杣道に自然薯掘とすれ違ふ      根岸文夫
さりげなく鬼灯鳴らし応へけり    小泉さあや
蔦かづら二階にバーの窓のあり    藤原 繁
      *
衣被つるりと口をすべらせし     高尾峯人
留まりては蜻蛉と影と重なれる    太田敏子
杉の秀の百の揃ひて秋澄めり     大関 洋
白き帆を上げて茗荷の花となり    堀江野茉莉
童顔の僧侶も居たり秋彼岸      鈴木元一郎
白湯うまき朝なり鶲来てをりぬ    渡辺時子
虫の音を毀さぬやうに雨戸閉づ    小林比奈子
野分晴そこここの田に人の影     宮澤千恵子
新涼の珈琲ゼリー揺れてをり     山本一葉
起重機はビルの触角野分晴      我妻幸男
秋めくや海鵜が潜り魚跳べり     榊原素女
みんみんや小言ひとつを言ひもして  小泉さあや
風呂敷で何でも包む豊の秋      大関 司
田仕舞や遠き筑波に陽を残し     関田独鈷

2020・10


灯台はいつも屹立初嵐       大関 洋
路薙の古老三人そろひけり     浮田雁人
駐在と二言三言田水沸く      高尾峯人
朝顔や門をいつもの人過り     斉藤加代子
庭石の乾ききつたる終戦日     島かづえ
      *      
体幹の少し右寄り真菰馬      根岸文夫
秋空のための硝子戸磨きけり    大関 司
朝顔の種採るやまだ街しづか    仁上廣子
靴が影踏んで歩いて大西日     山本一葉
煩悩を忘れてゐたる暑さかな    榊原素女
風紋を風の消しゆく晩夏かな    小林比奈子
日も月も星も梅雨明けとはなりぬ  太田敏子
をちこちに岩を置いたる花野かな  関田独鈷
玄関の蚊遣火にまづ迎へられ    纉c道子
      *
みづうみに夕日とろとろ赤とんぼ  大関 洋
古き家の借物めきし青簾      小林比奈子
定まらぬ腰でありたり草相撲    藤原 繁
草引くや明日を明るく迎ふるため  榊原素女
好もしき人に仕へて秋扇      保田 柾
目の前の家へ帰れぬ大夕立     大関 司
滴りの力が尽きて落ちにけり    高尾峯人
絎台に繋がれてゐる秋袷      浮田雁人
滴りの無垢なる音をくりかへし   田辺厚正
甚平の大先生に診てもらふ     我妻幸男
一病を身内に藍の浴衣かな     長坂眞佐子

2020・09


干物屋の二軒つづきの葭簀かな   高尾峯人
男滝風を束ねて落ちにけり     浮田雁人
住職の足裏の見ゆる円座かな    大関 洋
鈴の音のちりんちろりん螢とぶ   堀江野茉莉
一雨のあとの夜涼を眠るなり    宮澤千恵子
      *      
隠れたる川が現はれ舟遊び     関田独鈷
富士山を横切る子ども神輿かな   梅津大八
サイダーを一気に飲めば海傾く   山本一葉
甚平を着てをり耳の遠かりし    小林比奈子
脱ぎてなほ祭半纏たかぶれる    大関 司
汗かいて眼鏡が重しはづしけり   家田あつ子
貨物線に戻る静けさ草いきれ    藤原 繁
蟻の右往左往してゐる戸口かな   香川公子
貞任の意地の柵址夏木立      木関偕楽
      *
籐椅子に聞こえぬふりをして沈む  山本一葉
朝顔のつぼみのやうに日傘巻く   高尾峯人
針金で杓を結ひある噴井かな    堀江野茉莉
籠枕ラジオのニュース抜けてゆく  大関 洋
奥の間へ通ずる廊下釣忍      渡辺時子
薫風を波音を入れレストラン    宮澤千恵子
つばくろの巣立ちて家の壊さるる  長坂眞佐子
葛ざくら老舗の袋大き過ぎ     仁上廣子
黒南風の雨を束ねる鎖樋      浮田雁人
緋の色の兆し初めたる目高かな   表 成枝
蓮の葉の小匙一杯分の露      太田敏子
厳かであり滝壺を出づる水     大関 司
黒板に数個の画鋲夏休み      小泉さあや
絵に描けば種の目立ちし西瓜かな  家田あつ子
道場の天井高し青嵐        木島くにを




前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ