「谺」巻頭句鑑賞……山本一歩


谺2023・02


【山巓集】

年忘れこれより老いを捨てに行く  根岸文夫

 かつての忘年会と言えば宴会のあとのカラオケまでがセットだったように思う。それが全体的に年を重ねて規模が小さくなり、コロナ騒ぎでカラオケが難しくなってしまった。要するにどんちゃん騒ぎがなくなってしまった昨今と言うことだ。
 作者の年忘れはどのようなメンバーなのだろう。同年代でしみじみと飲むのか、若い人たちとの最近の話題も混じるのだろうか。作者の思いとすれば、頑張って「老いを捨てに」行くのだという。若返りに行くのである。「年忘れ」はすなわち「齢忘れ」なのである。

【谺 集】

浜焚火藻屑放りてしづめけり  高尾峯人

 浜辺に打ち寄せられたものを集めて火を焚く。傍らで投げ釣りなどをしている人が居るのかもしれない。火が昂ってきたところにまだ湿っている藻屑を投げ入れ、火を鎮める。一時はおさまるが、やがてはその藻屑も燃えてしまう。燃やすものを工夫しながら焚火の火の勢いを調節しているのである

谺2023・01


【山巓集】

座布団を替へて勤労感謝の日  梅津大八

 勤労感謝の日の休日である。休日だからと言って特に何があるというわけではない。いわば普通の日曜日と同じ。勤労に感謝するとは言うけれど、かたちとしては曖昧である。働いているのは自分、自分で自分に感謝する、それが作者の出した結論だ。自粛として、来客用の座布団でも使ったのだろうか。

【谺 集】

月光の醸してゐたるましら酒  大関 洋

 ましら酒とは、「木の洞、岩の窪に猿が隠した山葡萄やあけびの実などに雨露が交わり発酵し、酒になったもの」という。実際に猿が飲むのかどうかは知らず。到底人間には飲めるものではない。
 掲句は、そのましら酒を月光が醸しているのだという。
これから数日月の光を浴びながら酒はおいしくなってゆく。
酒好きの人間でなければ思い浮かばぬ発想だ。

谺2022・12


【山巓集】

霧の中に降り立ち霧を歩きだす  山本一葉 

 バスだろうか電車だろうか。もっともローカル線なら電車とは呼ばないだろうが。いずれ、霧の立ち込めている駅なら駅に降り立ち、その中をゆっくりと歩き出したのだ。霧に降り立ち、そこから歩き出す。そういう場所ならごく普通の行動だろうが、改めて五七五にされると、どこか見知らぬ土地へ連れて行かれたような不思議な感覚に導かれるのである。


【谺 集】

二人なら腕四本桑括る  大関 洋

 養蚕が盛んだったころ、岩手でもあちこちの家で蚕を飼っていた。実際のところは母の実家しか知らないのだが、山に貼りつくように開かれた畑の周りには必ず桑の木が植えられていたのだから、この推測に誤りはないはずだ。幼いころ、一番おいしい食べ物と言えば、桑の実だったことは今でもはっきり覚えている。
 掲句、二人なら確かに腕は四本だ。だが言いたいことはそれではない。夫婦で力を合わせて養蚕の最後の仕上げをしているのだ。これがそのまま来年の繭の出来につながってくるのだから。

谺2022・11


【山巓集】

さはやかに植樹の寄付を言はれたる  家田あつ子

 「植樹の寄付」、一体どこへ、と言うのが正直な印象。山がそばにある田舎ならいざ知らず、東京の真ん中でのことである。それもいとも爽やかに言われたのである。寄付を募って回っている側からすれば、当然に賛同を得られるという思いなのだろう。
 このような句、頭の中で作り上げることは不可能。当然ながら現実のことだ。その現実の後日談を聞いてみたいものだ。

【谺 集】

草の絮飛びたる中に径ありぬ  高尾峯人

 どこかの田舎道だ。手入れもされていない野原に、細い道が一本。草は繁るに任せ、花をつけ実を結ぶ。そして穂絮となってあたりを漂う。道はその中を先へと続く。道と草の絮だけ、という省略の効いた一句。

谺2022・10



【山巓集】

休みゐる蜻蛉の翅にある重さ  大関 司

 若いころ、職場の俳句仲間で蓼科高原に遊んだことがある。どんな俳句を作ったのかは一切覚えていない。自炊だったことと、蜻蛉が多かったことだけはよく覚えている。
 別にそこに限ったことではないが、高地では蜻蛉はあまり高空は跳ばないようだ。生態学的な理由もあるのかも知れないが、背の高い草木がないことも理由の一つかもしれない。その蓼科の蜻蛉だが、道を歩いていて踏みそうになるほど地面に止まっていたのである。地面に止まるものは地面に翅を付けるように、石に止まるものはその翅で石を抱きしめるような情景だった。その理由が、掲句にある「翅の重さ」だったのだ。

【谺 集】

竹ほどに松は騒がず初嵐     高尾峯人

 確かにその通りだろう。目出度いものの代表とされる松と竹だが、当然ながらその生態は違う。初あらしの中で竹は慌てて騒ぎ、松は泰然自若としている。当たり前のことを言っただけながら、その対比のおもしろさ。

谺2022・09


【山巓集】

改札を出ればいきなり砂日傘  梅津大八 

 どこの駅のことだろう。この界隈ならば、京浜急行、金沢シーサイドライン、江ノ電などの沿線が思い浮かぶ。改札口を抜ければ、そこが海岸ということなのだ。「改札口を抜ければそこが海」、というような句は珍しくはないが、「砂日傘」とした点で、いっそう海が迫ってくるような印象がある。海水浴客の声まで聞こえそうな句である。

【谺集】

足首にからまつてをり流れ昆布  堀江野茉莉

 私は山国育ちなので、海水浴の経験はほとんどない。小学五年のとき、臨海学校で宮古の小学校へ泊まったのが唯一の経験だ。その時の浄土ヶ浜の美しさを今も覚えている。
 掲句のような経験は川でのこと。水中眼鏡をかけてよく鰍を突いた。その間、足にいろいろなものが絡まるのである。もちろん有用なものはない。その正体の判るまでの一瞬が、ずいぶん長く感じられたものだ。

谺2022・08


【山巓集】

木洩れ日に飾られてゐる白日傘  家田あつ子

 日傘をさして歩いていた道がそのまま林の中へと通じている。周りに木立がなければ、ごく普通の白日傘。だが、林の中へ差し掛かったとたんに白日傘が木洩日に飾られたのだという。それは自分の差している日傘でも、はっきりと知ることもできるし、前を歩いている人の日傘を見ればもっと明らかなのかもしれない。単なる白黒なのだが、揺れる木洩日は日傘にとって何よりの贈り物ではあるまいか。

【谺 集】
 
泥鰌鍋遊ぶ話のすぐ決まり  大関 洋

 泥鰌鍋をつつき合っているわけだから、堅苦しい集まりではあるまい。あるいは、堅苦しい集まりを終え、ごく親しい連中でつつきあっているのかも知れない。どこへ行きたい、あれを食べたい、そんな話はたちどころに決まる。新型コロナの影響で、あれも中止、これは延期などと言い出す前のこと。そんなことを気にしなくてもよい日常を取り戻したいものだ。

谺2022・07


【山巓集】

トラックの荷台が舞台労働祭  表 成枝

 「労働祭」、メーデーである。しかし、都会のそれではない。トラックの荷台を中心に人が集まり、プログラムが進行してゆく。皆が仲間であり、皆で作り上げてゆく労働祭だ。都会にはない手作りの良さがそこに現れている。これが「祭」を付してある所以でもあるのだろう。



【谺 集】

火の欲しき堂の八十八夜かな  高尾峯人

 晩春から初夏のころは日が差せば熱く、日が翳れば一転して寒くなる。特に今年はその温度差が際立った。それは建物の中も同じで、今年の暖房器具はゴールデンウイーク過ぎまで出ていた。
 掲句の場合は神社仏閣の類。天井は高く、その冷え方も尋常ではない。夏はもうすぐそこだというのに、という思いだ。

谺2022・06


【山巓集】

風吹いて巣箱の声の届きけり  大関 司

 巣箱の中ではもう卵がかえり、子育てが順調に進んでいるのだろう。巣箱の位置と作者の居る場所、おそらくは自宅に居ながらだと思われるが、風向きによってはその雛の声が届いて来るのである。雛の声は日々高くなり、
そのうち風向きにかかわりなく聞こえるようになるのだろう。
 我が家の周りにも鳥の巣のありそうな高木が結構あって、雛の鳴き声がときどき聞えることがある。本当にこころの和む時間なのだが、この気持ちが鳥たちに、なんとか伝えられないものだろうか。


【谺 集】

げんげんの線路またぎて続きけり  高尾峯人

 平成九年、鈴木只夫、高野寒甫らに招かれて富士に遊んだ。とある駅で降り、迎えの車が来るまで近くを散策したのだが、辺り一面が紫雲英野だった。その先に富士。
桜満開のなかで過ごした二日間を忘れることはできない。
 掲句からそんなことを思い出したのは、線路と紫雲英の組み合わせから。ローカル線は線路の往き来は自由、急に列車が来ることもない。懐かしい田舎の風景がそこに広がるのである。

谺2022・05


【山巓集】

孵化までの確かな絆蝌蚪の紐  我妻幸男

 幼いころ、田植前の田んぼに産み付けられた蛙の卵をよく見かけた。いたずら心にそれを掴み出して道路へ放り投げたこともあった。田舎の子供にとって、蛙やお玉杓子は格好の遊び相手だったのである。その卵を「蝌蚪の紐」と呼ぶことは、後々知ることになるわけだが、何よりお玉杓子を蝌蚪と呼ぶことに驚いたのはいうまでもない。
 掲句、その紐の中に無数の卵がひしめいている。生れて来る蝌蚪が意識することはあるまいが、確かにそれは絆だろう。あの紐の中の黒い点が、やがて小さな尾が生え、もぞもぞと動き出すときの感動は、今もはっきりおぼえている。

【谺 集】

啓蟄や誰も通らぬ非常口  大関 司

 非常口にもいろいろあって、映画館や劇場などのそれは、普通に出入りしているところもある。商業ビルなどは、エレベーターやエスカレーターが使われるので、奥まった階段が非常口となっているようだ。中にはしばしば問題になる雑居ビルのように、非常口の近辺が物置と化しているようなところもある。掲句は、地下室のそれを思った。それも物置然としているような非常口に出合ったのだろう。そんなところを虫は這い出して来るのだ、という思いか。

谺2022・04


【山巓集】

たんぽぽの咲いて金属研究所  家田あつ子

 「金属研究所」は正確には東北大学の金属材料研究所のこと。調べてみると、百余年の歴史があり、一般に公開もされているという。通称「金研」と呼ばれ、近隣から親しまれているようだ。
 「材料」の省略を認容するかどうかはあるとして、「金属」と「蒲公英」の取り合わせが心に響いたのである。言ってみれば、それだけの句ではあるのだが。

【谺 集】

障子に穴あれば覗かれ薬喰  高尾峯人

 これは実際に覗かれているのだろうか。障子に穴が開いているのは事実なのかもしれない。そして、そこに誰か人の気配がしたという。だが実際には誰もいない。普通に酒を飲むための集まりを、もっともらしく「薬喰い」などと言い訳めいた呼び方をするから、心から楽しむことができないのだ。後ろめたさがあるからこその「覗かれ」なのである。

谺2022・03


【山巓集】

左義長の少し傾ぎてでき上がる  表 成枝

 左義長とは、正月の火祭の行事。十四日夜または十五日朝に行われ、古くは三毬杖・三毬打と書かれた。毬杖(ぎっちょう)とは祝い棒の一種で、三つの竹または木を結んで三脚にして中央に立てたものをいう。
 掲句は、まさにその「毬杖」を組んだところ。その土地その土地により形や手順は様々だろうが、いずれにしても燃えてしまうもの。基本的な形はあったとしても、その出来栄えを見せるものではないので、多少のゆがみや傾きは問題にしないのだろう。点火前の形に注目した作者の目を褒めたい。

【谺 集】

竹林へ足跡雪女郎かもしれぬ  大関 洋

 雪女郎とは何者なのだろう。幽霊ならば脚はない。二十代のころ、訳があって雪女郎の絵本を買ったのだが、脚があったという記憶はない。実際、そこまでは描かれていなかったのだろう。妖怪ならば脚はあってもよさそうだが、雪の吹きすさぶ中を歩くのだから足跡は残るまい。また、歩くとしたら履物は。裸足なのか、草鞋か。それとも、足があっても地につかないのか、など疑問は尽きない。かつてヒマラヤで発見された雪男の足跡はどんなものだったか、そんなことまで考えさせてくれる句ではある。


谺2022・02


【山巓集】

干柿や峡の日ざしにあやされて  榊原素女

 一句を読んで思いついた風景は、響句会の創始者、今は亡き妹尾圭子さんのお寺だった。寺の名は善福寺。田んぼの真ん中にさほど大きくない寺があり、周りにぽつりぽつりと家がある。その家々にはもれなく柿簾が下げられていた。車で出掛けてその近所を散策し、句会を行ったのだが、それ以上の記憶はない。調べればわかるのだろうが、そのための視力がない。許されよ。
 掲句はおそらくそこでの作だろう。「峡の日ざしにあやされて」で、当時の穏やかな日和と、朱色に染まった柿が鮮やかに記憶に蘇るのである。


【谺 集】

雪催かれひ鮃が空を見て  高尾峯人

 漁村の風景、早い話が干物である。おおよその魚は、俳句にすると「海を見て」干される。しかし、カレイとヒラメは空しか向きようがない。当たり前と言えば当たり前。だが、見た空は、雪催。カレイもヒラメも雪の心配をしているのだ。

谺2022・01


【山巓集】

水に映して雪吊の出来上る  梅津大八

 雪吊りで有名な庭園といえば、金沢の兼六園だろうか。豪雪から木々の枝を守るためのものだから、当然、雪が降る前に準備される。雪の積もった中に、ぴんと張った枝はもちろん美しい。だが、雪が降る前に仕立てられるので、雪がなくとも美しくなくてはならない。
 それを確かめるためにあらゆる方向からチェックする。池ごしの確認が掲句となったのである。水に映ったそれもまた、美しいのだ。

【谺 集】

目の前の秋蝶風に攫はるる  小林比奈子

 ついさっきまで庭先を優雅に飛び回っていた秋蝶が居た。ところが一陣の風が吹いた途端、その蝶が消え失せてしまったという。春の蝶なら優しく風に乗りもするのだろう。その辺が季節の違い。一抹の寂しさが作者を襲ったのだ。

谺2021・12



【山巓集】

鐘撞いて山の音聴く秋の暮  小林比奈子

 鐘を突けば聞えるのは鐘の音。その鐘の音を聞きながら秋の暮の風情を楽しむのが、俳句としては一般的だろう。しかし、それでは常識的に過ぎる。そこで作者は、「山の音」を聞く、と表現した。鐘の音は周囲の山々に跳ね返り、作者に戻って来る。聞こえるのは鐘の音ではなく、山の音なのだ。こう表現することによって、寺を囲む周りの自然が、俳句の中にいきいきと姿を現したのである。

【谺 集】

飛ぶ力もうなくなりぬ草の絮  大関 洋

 草の絮が飛び出す瞬間や飛んでいる途中は、ときどき目にすることはある。しかし、着地する点を見ることは、ほとんどない。普段は足元に注意を払わないからだ。掲句は、ベンチにでも座って、ぼんやりと野に目をやっていたのだろう。それも着地したとは言わない。飛ぶ力がなくなったという。まさに作者独自の表現といえるだろう。

谺2021・11


【山巓集】

敵味方作らず生きて穴まどひ  小林比奈子

 私もまた「敵味方作らず」生きてきたつもりである。しかしながら、あまり人に好まれる職種ではなかったので、特定の人々からは「敵」とみなされていたのかも知れない。こちらの気持ちとは無関係に、というところは腹立たしいことではある。
 掲句の蛇も同じなのではあるまいか。親しくしたい、と思っても蛙にとっては天敵だ。蛇にしても生きるためには食べなければならない。人間関係の煩わしさに比べ、自然界は単純明快。人間には潜りこむ穴などはないのが残念だ。


【谺 集】

ゆつたりと鐘の音渡る豊の秋  高尾峯人

 ここ町田は都内といっても、少し歩けば稲田がある。その歩くことをしなくなったことが問題で、豊の秋を実感することは少ない。(実感できるのは岩手からの荷物くらいか。)我が家に届く「鐘の音」は、桜美林の教会の鐘の音で、いかにも忙しい。
 掲句の場合はもちろん寺の鐘だ。時を押しとどめようとでもするように、のんびりと渡ってゆく。充実した村の夕べがそこにある。

谺2021・10


【山巓集】

干物屋の土間に七輪鰯焼く  根岸文夫

 物屋は土産物屋だろうか。土間に七輪を置き、小鰯  をあぶっている。試食させてくれるのである。食べればそれはおいしく、買わずにはいられない。そもそも、あぶっている匂いが客を引き寄せるのだ。その段階で七輪作戦は大成功ということだ。
 同じ作者の「鰻食ふ」の句、原句は「鰻屋の……」というものだった。「鰻屋」では季語としては弱いので、「鰻食ふ」として手を加えた。古びた鰻屋のたたずまいが、よく表現されている。


【谺 集】

鰻食ふ柱隠しに太穂の句  堀江野茉莉

 「柱隠し」とは柱に掛ける装飾品を言うらしい。結果
として柱を隠すことになるわけだが、柱がまったく見えなくなるわけでもない。なかなか奥ゆかしい日本語ではある。
 太穂先生には、横浜俳話会でずいぶんお世話になった。
幹事会にもよくおいでいただいていた。いつだったか、幹事会が五月五日に行われたとき、「今日は子供の日だから、僕が君たちに御馳走しよう。君たちは僕の子供みたいなものだから」、といわれてそれに甘えたこともあった。上田五千石さんが亡くなったというテレビのニュースを見たのも、太穂先生と一緒に野毛の店にいた時だった。
 掲句の鑑賞からは離れてしまったが、太穂先生には、有馬五浪、大関洋、堀江野茉莉ともども、貴重な時間をいただいた。野毛のとある店に懸かった短冊なのだろう。



谺2021・09


【山巓集】

物置かぬ涼しき部屋に通さるる  小林比奈子

 何もない部屋、とはいうけれど、その家に物がないわけではない。物を置く部屋と置かない部屋と、使い分けているのである。我が家は何処へ行っても物だらけ。空いている部屋は物置状態だが、それでもほかの部屋は物に溢れている。
 掲句を読んで真っ先に思い出したのは大関洋邸である。酔って何度かお邪魔した。通された部屋は座卓一つあるだけの広い和室。まさに何もなかった。綺麗好きの奥さんで、油断するとすぐに捨てられてしまうのだという。
これほどに涼やかな部屋を他に知らない。


【谺 集】

をりをりに山の雨来る夏     高尾峯人

 母方の実家の傍に大償神社がある。ここはユネスコの無形文化遺産に登録された、早池峰神楽の一方を伝承する神社でもある。幼いころに、「夏越の祓いがある」ということで、連れて行ってもらったのが夏越の祓いとの初の出会いだった。鳥居の前に茅の輪を据え、その前に神楽の太鼓と鉦の拍子が流れる。出店として金魚すくいくらいはあったような気がする。神楽は昔から有名だが、神社としては、さほど大きくはない。鳥居の向うに森があり、坂道を少し登って高床の社があった。
 掲句のような山の中の神社では、特に珍しいことではあるまい。時々降る雨の中で、夏越の祓いは粛々と進むのだ。


谺2021・08


【山巓集】

手水舎の杓あをあをとして涼し  根岸文夫

 単純明快な句。青々とした柄杓は青竹で作った、しかも、まだ真新しいものなのだろう。それを認めた参詣者も、心が引き締まる思い。いかにもその涼気を誘うのである。その新しい柄杓に焦点を定めて成功した句。

【谺 集】

くちなはを棒ともどもに流しけり  瓜生澄子

 さすがに蛇に立ち向かうには素手では心もとない。その辺に転がっている棒を手にして立ち向かう。蛇がその棒に巻き付いてくれれば、しめたもの。絡みついた棒をそのまま川へ放ったという。
 私なら、黙って通りすぎるのを待っているだろう。触らぬ神になんとやらである。


谺2021・07



【山巓集】

髪束ねたるメーデーの漢かな  榊原素女

 メーデーに参加している髪を束ねた漢、どのような人物を想像すれば良いのだろう。まさか、普段はスーツを着込んだ青白い青年を思い浮かべる人はいないだろう。どちらかといえば体育会系、日に焼けたがっしりした人物を思い描くことができる。無造作に髪を束ねたその凛々しい姿に、日本の未来を委ねたいと思う。スーツ族ではおそらくダメなのだ、とスーツを脱いで十余年、この頃思うのである。

【谺 集】

山映しはちきれさうな代田かな  高尾峯人

 代田に山が映った景色である。題材としては珍しいものではあるまい。そのごくありふれたものをどう表現す
るかが問題となる。掲句の場合は「はちきれさうな」がそれに当たる。その言葉によって代田の水面をイメージさせる点は前述の一葉句に似ている。映るものを言いながら、その実、映されるものを表現する、その巧みさの句だ。

谺2021・06


【山巓集】

春ふかし置かれしやうに駅に人  山本一葉

 さて、作者はどこからこの駅を見ているのだろう。「駅」というからには駅の構内ではなさそうだ。駅のホームを見渡せるような場所、ホームが道路より下にある場合や陸橋から見下ろす場合などが想定される。人々のざわめきは聞こえない。ベンチに座る人、中央に並ぶ人、ホームの端にぽつんといる一人など、まるで別世界の出来事のように見えたのだ。作者からすれば箱庭でも見下ろしている感覚なのだろう。箱庭の中の人々は春が深まっていることなど知りはしないのだ。

【谺 集】

畔川に入つてゆきし花筏  高尾峯人

 川に堰を築いて水の高さを一定にしてそこから水路を引く。それが畦川として細分され、それぞれの田に水を導くのである。これを最初に考えたのはいつごろで、どんな人だったのだろうかと、岩手のそれを見る時にいつも考えていた。何しろその水路沿いが通学路のひとつだったのだ。
 掲句は畦川に入って行く花筏である。川を流れるもよし、畦川から田圃へ入ってまた川へ戻るもよし、田んぼの中でそのまま土になるもよし。花筏にもいろいろな人生?があるのだ。

谺2021・05


【山巓集】

冴返る神木にある雷の傷  家田あつ子

 神木に雷の傷があるという。決して新しい傷ではあるまい。逆にその傷があったために神木になったとも考えられないことはない。となれば、雷の傷そのものが、神々しさの象徴でもあろうか。寒中の頃よりも、一度あたたかくなってからの寒さが、その神々しさを際立てたのだ。

【谺 集】

のれそれを飲んで胃の腑の中おぼろ  高尾峯人

 「のれそれ」とは穴子類の幼生のこと。「類」というのはウナギや靫のそれも混じる殻らしい。鰯シラスに混じって捕獲されることが多いというが、いずれにしてもおいしそうではある。残念ながら私は食べたことが無い。
 掲句はその踊り食い。白魚の踊り食いは経験があるが、ちょっと残酷な気がして、しばらく落ち着かなかったことを覚えている。作者もどうやら同じ気持ちらしい。それを「朧」と表現したのである。


谺2021・04


【山巓集】

江ノ島に交番一つうかれ猫  根岸文夫

 江の島へは数回の吟行を含め、何度も訪れている。夏場の昼の賑わいは相当なものだが、夜間の人口は約百五十世帯、三五〇人ほどだという。そうでなくても猫の多い江の島、夜間は多分に猫の島になってしまいそうだ。交番の数はといえば、駐在所が一軒、連絡所だから、交番としては一軒のみということだろうか。これが人口に比して多いか少ないかは知らぬが、夜は猫の安全を守るのだと思えば、どこか楽しくもある。
 インターネットの時代となり、人口も交番の数も調べられるが、さすがに猫の数までは無理だった。一見事実を並べた句なのだが、浮かれ猫という季語が秀抜だ。


【谺 集】

 これほどに眠れる不思議朝寝して  小泉さあや

 若い頃はいくらでも眠れたような気がする。早い話が、次の日のことを気にしなくてもよい日は、いつまでも夜更かしはできたし、翌日は一日寝ていても問題はなかった。そこに仕事や家庭が加わって、やがては年齢という重みが加わる。最近では、時間が惜しいのか五時過ぎには起き出し、朝食後のうとうとしている時間が貴重になった。「時間が惜しい」といったくせにである。
 掲句は、たまたまそういう事態に直面したということか。作者はたしか一人住まいだったと思うから、誰にも咎められることはないのだろう。ましてや外出自粛の昨今。このような朝寝を堂々と公表しても問題はあるまい。若いから眠れる、そう思っていれば良いのだ。

谺2021・03


【山巓集】

凍裂の音に打たれて家路急く 木関偕楽

 「凍裂」とは、寒さのために木立の中の水分が凍り付き、それが原因で木立が裂けてしまう現象。寒い地方では、夜半に耳をすませば結構聞こえるようだ。私の生まれ育った岩手でも、昔は聞いた記憶があるが、それが夢だったか現実だったか定かではない。
 掲句の場合は夜だろう。雪の積もった夜道、しかも山道かもしれない。その音に恐れおののきながら、懸命に帰路を急ぐのである。
 今年の岩手は雪も多く、寒さも厳しいと聞く。故郷の山々はどうなっているのだろう。


【谺 集】

雪女郎通りてつらら落しけり  高尾峯人

 雪女郎とは想像上の妖怪だが、それはいつ出てくるのだろう。昼か夜か、と言われれば夜。晴れているか嵐か、と言われればもちろん嵐。つまり、夜間の吹雪の中に、彼女は現れる。掲句、あまりの風の強さに、氷柱が数本折れてしまったということ。風で吹き飛んだ氷柱の音も定かではあるまい。気がつけば、今まであった氷柱が無い。雪女郎が通って行ったからだ、という次第。


谺2021・02


【山巓集】
一枚を脱いで雪掻き続けをり  梅津大八

 関東に降る雪は箒一本で雪かきができる。しかし、雪国のそれは重労働。降り続いていれば真夜中でも雪かきが必要になる。翌朝になると積もりすぎていて雪かきがままならなくなるからだ。
 作者はもともと八戸の人。豪雪地帯ではないが、それなりに雪は降る。寒いので重装備をして雪掻きに出るのだが、雪かきが進むほどに暑くなり、一枚脱ぎに戻ったのだ。そしてまた雪掻きに出る。脱いでからがいよいよ本番。これからが力の見せ所、というところか。


【谺 】
冬ざるる誰も来さうにないポスト  山本一葉

 「誰も来さうにないポスト」といわれて真っ先に思い浮かんだのが、故郷岩手のそれだった。わが家から町の中心迄約三キロ。その中間あたりにポストがあった、といってもまるポストではなく、勿論今のような四角いポストでもない、郵便受けに毛の生えたような縦長の四角い箱が商家の軒先に打ち付けてあった。民家といえば、その前に一軒、少し離れて寺があり、一方には農協の支所があった。五十年以上前の記憶だから、どこまで正しいのかはわからぬ。小学生のころ、そこまで歩いて年賀状を出しに行ったことがあった。年末年始をのぞいたら、誰がこんなところから手紙を出すのだろう、と実際に思ったのである。



谺2021・01



【山巓集】

落葉踏む追ひ越してゆく人もまた  小泉さあや

 大変わかりやすい句だ。素材は季語である落葉と作者、そして追い越して行く人だけ。また、このような経験は誰にでもあるだろうから、共感は得られやすい。落葉を踏む心地よい音を確かめながら歩いていると、足早に人が追い抜いて行ったという。ゆっくり行くも早く行くも、落葉を踏む音は同じ。それぞれがそれぞれの音を楽しんでいるのだろう。自分の足音と、離れて行く足音との対比のおもしろさ。


【谺 集】

神木に繋ぐ配線酉の市  我妻幸男

 酉の市、場所によっては熊手ばかりではなく、いろいろな出店が並ぶ。それらのすべてが電気を必要とするのだから、いろいろ配線が込み合う場合もある。掲句は、その配線が神木の枝を借りているという。発電機を使うのではなく、直接社殿から電源を引いているのだろう。さて、神木の想いたるやいかに。神木に思いを寄せる作者だ。

谺2020・12


【山巓集】

流木の白く乾けり雁渡し  根岸文夫

 流木はいつ頃のものだろう。白く乾いているところを見れば、もちろん最近のものではない。そして、それがそのまま放置されているのだから、普段から人が集まるような場所ではないのだろう。うら寂しい河口近くか。白く乾いた流木が印象鮮明。雁渡しが淋しさを誘う。

【谺 集】

発掘の如く自然薯掘りにけり  我妻幸男
 発掘の現場も知らなければ、自然薯掘りの経験もない。ただ、いずれも大切なもの。おおざっぱに掘って傷つけたのでは遺跡も遺物も壊れてしまうし、自然薯は売り物にはならない。したがって、そこにあるとわかった以上は丁寧に手作業ということになる、掘りだされた自然薯は一級の芸術品なのだ。


谺2020・11



【山巓集】

痛さうなほどにくれなゐ曼珠沙華  山本一葉

 「痛さうなくれなゐ」をどう読めばよいのだろう。現実に痛いものとして考えれば、針先、薔薇の棘、栗の毬などが咄嗟に思い浮かぶが、どれも赤とは無縁のようだ。だが、発想を変えて、痛みを色として表したらどうだろう。それは銀色に輝くものではないし、まして黒や茶でもない。やはりここで赤に行き着くのではあるまいか。それは、痛みから血を連想してしまうからだ。曼殊沙華にはそんなかたさはないが、あまり好まれる花ではないというところに、ちょっと腰の引けたような「痛さうなくれなゐ」という表現が出てきたのである。


【谺 集】

衣被つるりと口をすべらせし  高尾峯人

 「衣被」とはあるが、決してそれだけを食べているわけではない。衣被の前も後もいろいろあって、もちろん酒も進んでいる。したがって、口が滑ったのは必ずしも衣被が原因ではないのだ。うっかり口が滑ってしまったことを、お酒のせいではなく、衣被のせいにした、ということだ。いや、これは酔っ払いの単なる言い訳なのかもしれない。


谺2020・10


【山巓集】

体幹の少し右寄り真菰馬  根岸文夫

 「真菰馬」とは真菰や藁で作った馬のことで、本来は七夕の飾りに用いられたものだという。それが盂蘭盆の行事と重なり、魂迎えの具として用いられるようになったようだ。手造りであったり、その土地によっては市販されていたりするのだろう。掲句、七夕竹に飾るのなら、多少のいびつさは問題になるまい。だが盂蘭盆用として飾るのであれば大いに気になるところ。少しのあきらめも込めて。


【谺集】

みづうみに夕日とろとろ赤とんぼ  大関 洋

 湖の日暮である。湖面は夕日に満たされ、空には赤蜻蛉が群れ飛ぶ。それだけの景色なのだが、水面から空までを「赤」で埋め尽くしたことは実に壮観である。「とろとろ」は湖を器に、そこに夕日が満ちてくる様子を表す。

谺2020・09


【山巓集】

隠れたる川が現はれ舟遊び  関田独鈷

 川下りである。鬱蒼と木々が茂っていたり、川が曲がっていたりなどして行先が判然としないのだ。言ってみればジェットコースターにも似たスリルなのだろう。「隠れたる川が現はれ」にその早さが心の動きと共に現れている。


【谺 集】

籐椅子に聞こえぬふりをして沈む  山本一葉

 どこかから呼ぶ声が聞こえたのだろう。それを無視して籐椅子に座る。事実関係はそういうことだろうが、それを少し誇張して表現している。「聞こえぬふり」は籐椅子に対する執着だろう。「座る」ではなく「沈む」としたところに座った時の重量感を伝えている。読者も籐椅子に座った気分になるのである。





前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ